• ホーム
  • 住宅メーカーの選び方と注意するべき点とは

住宅メーカーの選び方と注意するべき点とは

2019年11月14日
高級なマンション

家づくりをミサワホームなどの住宅メーカーに依頼する方もいるでしょう。住宅メーカーのなかにはテレビCMを始めとした広告宣伝に積極的なメーカーも多く、ブランドイメージがあるので、すこし予算が高くなってもあえてメーカーを選択するという向きもあります。しかし実際に住宅メーカーを択ぶにしても、知名度のあるメーカーだけでも多数に上るので選び方に戸惑うのではないでしょうか。そこで住宅メーカーの選び方のポイントを御紹介します。

坪単価は各メーカーが公開しているので、予算の枠内に納まる点をポイントにするという選び方があります。確かに予算を計算するときに坪単価は一つの指標になりますが、あまり重視するのは考えものです。なぜなら坪単価の算定方法自体が、各社でまちまちだからです。本体価格を延べ床面積で割ったものが坪単価のイメージですが、吹き抜けや玄関ポーチなどの施工面積で割っているメーカーもあります。見積もりにしても本体価格には何が含まれているのかも、各住宅メーカーにより異なります。見積もりが本体価だけで水回りや空調など、快適な生活に不可欠な部分は除外されている場合もあるわけです。

坪単価をもって何を意味しているかは、営業マンに確認するべきポイントの一つです。また家づくりが完了するまで、付き合うことになる営業マンも重要な要素です。注文住宅であれば、一年以上同じ営業マンの担当になるのは珍しくありません。家の間取りや設備機器の選定などハードな面での対応が重要なのは言うまでもありませんが、営業マンの話し方や人間性・信頼できる人物像なのか、などの見極めも大事です。担当者の知識不足やどうも性格的に合わない、対応に誠実さが欠けるなども問題点が意識されたときは契約するべきかは慎重に判断する必要があります。担当者の知識不足のおかげで、家づくりの悩みに直面しても、適切なアドバイスを得られないことにもなります。

そして住宅メーカーのでは、デザイン性や技術力などでも各社で個性や得意分野があります。例えばミサワホームでは蔵のある家、というシリーズがあります。このシリーズは通常の3倍もの収納力を確保しているのがポイントです。また耐震性に優れる家をシリーズにしていたり、デザイン面でのニーズにきめ細かく対応する住宅メーカーなど、それぞれのデザイン力や技術力にはシフトしている分野には違いがあります。しかしはじめての家づくりで、メーカーごとの得意分野などは想像しづらいのでブログなどを参考にするのはオススメです。ブログには各メーカーを利用した家づくりの貴重な経験談が公開されているからです。

関連記事
マイホーム購入の予算はいくらあればいいのか

マイホームの購入を検討するときに最初に問題になるのはいくらの予算を想定すればよいのかということです。一戸建て住宅は敷地となる土地と、建物本体の価格に関連する諸費用で構成されます。なかでも土地は首都圏や大都市圏などでは高額になり、建物はグレードの高さなどに応じて変動します。そのためマイホームの予算の平

2019年12月18日
家に関わる税金対策を知っておきましょう

マイルームを購入することは多額の出費を伴い、長期間に渡る住宅ローンの返済義務を負うなど経済的に大きな負担をもたらします。他方でマイルームを建築することには、複数の業種の専門家が建築工程に関与し、様々なメーカーの資材や機器を使用するので大きな経済波及効果があります。つまり我が家を購入する方が増えること

2020年01月21日
一軒家を借りてルームシェアするのはアリ?ナシ?

最近では都市部に進学や就職で賃貸物件に住む若者でも、潤沢は収入を確保するのが難しいことからいわゆるルームシェアをする方が増加しています。現在主流のルームシェアとは、2LDK以上の間取りのマンション一室を複数人で賃料を出し合って共同生活を営むというものです。ただし賃貸マンションなどでは2LDKほどの広

2020年01月06日
マイホームを検討している方は補助金について調べておきましょう

最近では省エネや環境に優しい素材の使用や耐震性など、地球環境や防災面で優れた性能を有する家づくりを支援する補助金が色々と用意されています。マイホームを購入するに際して、環境負荷や省エネ性能などに優れたスペックを持たせようとすると、コストが嵩みます。しかし地震大国で化石燃料に欠しい日本では省エネ性能や

2019年12月02日
マイホームの失敗談を聞いておくのが良い理由とは

マイホームの購入は巨額の現金が動くものなので、多くの方にとっては一生に一回の買い物です。長期間に渡る住宅ローンの返済なども控えているので絶対に失敗したくないものですが、実際に完成後入居してみると後悔することは珍しくありません。苦労して購入に至ったマイホーム、入居後に後悔することのないように失敗談を参

2019年11月01日